ベルギーで働く社畜ブログ

2015年10月からベルギーで働く社畜のブログ

寂しい時こそ海外ひとり旅をオススメします

きゅうすけです。

 

ひとり旅は寂しい、つまらない。

 

僕もかつてはそんな風に思っていました。

 

しかし、ひとり旅は実際に経験してみないとわからない魅力が

 

たくさん詰まっています。

 

 

僕がひとり旅に目覚めた理由

 

他に選択肢がなかったからです。笑

 

せっかくベルギーにいるのだから周辺の国に行ってみたい、

 

と思ったことがきっかけでした。

 

しかし、ベルギーに来た当初は周りに知り合いもいない状況でしたので

 

一人で行く以外に選択肢がなかったのです。

 

最初のひとり旅はクリスマスに3泊4日で行ったスペインです。

 

もう一度言います。

 

クリスマスです。

 

クリスマスのひとり旅、それだけ聞くと

 

かなり寂しいイメージですよね。

 

でも実際は本当に行ってよかったと思えるほどに楽しかったです。

 

自分のペースで旅ができる

 

これは、時間的にも金銭的にもです。

 

友達と旅行に行くと、観光したい場所が合わなかったり、

 

金銭感覚が全然違ったりということが起こり得ます。

 

一方ひとり旅では完全自分のペースで行動できます。

 

観光も買い物も食事も自分の好きな時にできます。

 

小さなことにありがたみを感じられる

 

ひとり旅は基本的になんでも一人でしなければなりません。

 

そのため、いろんな人に助けられる場面が多々出て来ます。

 

どんなに小さなことでも、ありがたみを感じることができるでしょう。

 

さまざまな出会いがある

 

同じようにひとり旅をしている人や、現地の人との交流ができます。

 

自分とは全く異なった価値観を持った人に出会える可能性があります。

 

ひとり旅でより多くの人と出会うためには

 

ホステルに泊まろう

 

星付きのホテルじゃなきゃ嫌だ、

 

という人はスルーしてください。

 

ひとり旅でホステルに泊まることで本当にいろんな出会いがあります。

 

共用スペースでくつろいでいるだけで友達ができます。

 

旅の情報交換などもでき、ガイドブックに載っていないスポット等も

 

教えてもらえるかもしれません。

 

また、ホステルによっては、イベントを行っていたりと、

 

旅行者同士が交流できる機会もあります。

 

僕がクリスマスに滞在したバルセロナのホステルでは、

 

クリスマスパーティが開催され、いろんな人とお話しすることができました。

 

何人かは今でも連絡を取り合っています。

 

ただし、あまりに大きすぎる部屋はお勧めしません。

 

団体客が入っている可能性があるからです。

 

現地のシティツアーに参加しよう

 

大きな都市に行くと、無料のシティツアーが開催されていることがあります。

 

英語で開催されていることが多いです。

 

こういった情報もホステルで入手できます。

 

だいたい半日程度のツアーが多いので時間的にも拘束されることもありません。

 

シティツアーに参加することで友達もでき、観光地も巡ることができるので

 

まさに一石二鳥です。

 

ただし、いくら無料といってもチップは渡すようにしましょう。

 

安全に注意しよう

 

ひとり旅をすると、いかに日本が安全か再認識できます。

 

特に治安の悪い地域等は事前に調べて近づかないようにしたり、

 

夜の外出は避けたり、ということが大切です。

 

カメラやガイドブックを出しっぱなしにしないようにしましょう。

 

まとめ

 

どうしてもひとり旅が合わない人もいます。

 

こればっかりはしょうがないです。

 

ただ、迷っている人は、寂しい時こそひとり旅をしてみてください。

 

本当にいろいろな発見や出会いがあります。

広告を非表示にする