読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルギーで働く社畜ブログ

2015年10月からベルギーで働く社畜のブログ

ベルギーのフリッツ(フライドポテト)

きゅうすけです。

 

以前もブログに書きましたが、ベルギーではフライドポテトのことを

 

フリッツと言います。

 

本日はアントワープに最近できた有名シェフのフリッツ屋さんに行ってきました。

 

オランダ出身のシェフSergio Hermanがオープンしたフリッツ屋で、

 

日曜の夕方でも行列ができていました。

 

Sergio Hermanは、2013年に閉店した

 

オランダのミシュラン三つ星レストラン「Oud Sluis」のシェフで、

 

現在はアントワープにThe Jane(ザ・ジェーン)という

 

一つ星レストランをオープンしています。

 

ちなみにこのレストランは、

 

2015年に世界一美しいレストランに選ばれているようです。

 

話が逸れましたが、そんなシェフがオープンしたフリッツ屋が

 

「Friet Atelier」です。

 

【住所】

Korte Gasthuisstraat 32, 2000 Antwerpen, Belgium

定休日:なし

 

日曜日も21時までオープンしているみたいです。

 

僕が行ったのは日曜の18時すぎでしたが、それでも小さい店内は満員、

 

オーダーにも少し列ができていました。

 

f:id:kyu_suke:20170410052625p:plain

 

メニューは3種類です。

 

  • ビーフシチューのフリッツ
  • キムチのフリッツ
  • 普通のフリッツ

 

ソースはカレーソースやマヨネーズ、トリュフソース等、様々な種類から選べます。

 

f:id:kyu_suke:20170410053201p:plain

 

 

僕がオーダーしたのは、

 

ビーフシチュー(左)とキムチ(右)のフリッツの2種類。

 

ビーフシチューは、

 

牛肉がとろとろで濃いめのソースがポテトによくマッチしていました。

 

これが一番人気のようです。

 

キムチはヨーグルトソース、カレーソースがトッピングされているのですが、

 

キムチとヨーグルトソースと酸味が予想外によく合い、これまた美味しかったです。

 

ベルギーではキムチはあまり知られていませんが、

 

辛さも控えられており、欧米人好みの味付けになっていると感じました。

 

フリッツ自体も脂っこくなく、外はカリカリ、中はホクホクで

 

いくらでも食べられます。

 

これが日本に上陸したら、パンケーキやポップコーンのように

 

絶対に売れると思います。

 

ベルギー在住の方で、普通のフリッツに飽きてしまった方、

 

ベルギーに旅行で訪れる方は、ぜひ足を運んでみて下さい。

 

ちなみに、店舗はアントワープの他に、オランダに2店舗あるようです。

広告を非表示にする